Shimada Dental Office
トップ   診療案内   施設案内   スタッフ紹介   アクセス   お問い合わせ   セミナーブログ(院長勤務医
お問い合わせ

合併症

 
『インプラント手術に関連した合併症』

1)感染
 手術に関連して起こる感染症の多くは,術中および術後の細菌感染です.術前の歯磨きが不良であったり,インプラント手術部位近くの歯に感染源(膿の袋)が存在する状態で手術を行った場合に感染のリスクが高くなります.また,全身の健康状態の悪化(重度の糖尿病,ステロイド薬剤の長期内服など)により体の抵抗力が低下している場合も要注意です.
 当院では,術前の徹底した口腔清掃と抗生剤投与により,細菌感染のリスクの軽減に努めています.

2)下歯槽神経麻痺
 下顎奥歯のインプラント治療を行う場合には,下歯槽神経(顎の中にある大きな神経)の走行が問題となります.骨の上部から下歯槽神経までの距離が短い場合や骨が非常に軟らかい場合は,インプラントを埋める穴を削る時に下歯槽神経を傷つける危険性があります.神経障害の程度によっては完全な回復は困難な場合があり,治癒にも長い期間が必要となります.
 当院では、神経障害を予防するために,術前のCT検査にて神経の走行を確認し,神経までの距離に余裕をもったインプラントを選択しています.また,術中も必要に応じて埋入深度のCT測定を行い,注意深くインプラント手術を行っています.

3)その他の神経麻痺
 上記以外にも舌神経損傷,眼窩下神経損傷などが考えられますが,いずれも局所麻酔施行時や手術器具の操作に起因するものが多いため,慎重な手術に努めています.

4)上顎洞炎
 上顎奥歯のインプラント治療を行う場合には,上顎洞(蓄膿症に関係する副鼻腔)までの距離とその状態が問題となります.
 手術時に骨を削るドリルなどが上顎洞内に穿孔し,さらに洞粘膜などの組織を損傷した場合, 術後に上顎洞炎を引き起こすことがあります.症状としては,歯性上顎洞炎(虫歯が原因で起こる蓄膿症)と同様の症状となります.軽度であれば,抗生剤の長期投与などで改善しますが,重症の場合には耳鼻科的対応が必要となる場合もあります.
 当院では,上顎洞炎を予防するために,術前のCT検査にて上顎洞までの距離と上顎洞粘膜の状態を確認し,注意深くインプラント手術を行っています.また,上顎洞炎の発生は鼻からの換気状態と密接に関係しているため,元々の鼻粘膜の肥大等により換気状態が悪化している場合には,インプラント手術の前に,耳鼻科的対応により鼻粘膜・上顎洞粘膜の改善を図っています.

*その他,一般的口腔外科手術に関連した合併症の発生時の対応にも努めています.

『インプラント治療の経過と問題点』

 インプラント治療は、顎骨に埋入したインプラントが骨結合することによって成立します。そこで、骨結合を「より早く」、「より多く」、そして「より長期に」実現するべく様々な治療方法が研究・実践されてきました。また、「肝心要の顎骨の量」が少ない部位に対しては骨を造成する治療法も開発されています。併せて、抜歯後早期に必ず起こる骨の自然吸収を抑制する幾つかの治療法も実践されています。

 インプラントを埋入する時期は、(1)抜歯と同時期、(2)抜歯の数週間〜数カ月後、(3)抜歯の6ヶ月以上後の3タイプに分類され、それぞれに利点と欠点が存在します。
(1) 抜歯と同時期に行う場合の最大の利点は、抜歯後の骨吸収が進行する前の段階でインプラント埋入ができる点と治療期間が短縮できる点です。その反面、骨吸収量の予測が難しく、同時に行う骨造成法に高い技術力が必要となります。抜歯同時(即時)埋入法は手術前の診断と綿密な治療計画が大きなポイントとなります。
(2) 抜歯の数週間〜数カ月後に行う場合の最大の利点は、抜歯部位の粘膜の初期の治癒が完了し骨の自然吸収も大半が完了しているため、手術後の予測が比較的立てやすい点と埋入と同時に骨造成を行いやすい点です。3つの埋入時期分類の中では、最も頻度の高い埋入時期ですが、粘膜や骨の変化には個体差があるため治癒状態の見極めがポイントとなります。
(3) 抜歯の6ヵ月以上後に行う場合の最大の利点は、粘膜と骨の変化が完了し安定しているため、手術後の予測が立てやすい点です。その分、骨造成量が大がかりとなることが多く、術後の腫脹や痛みも生じやすくなります。また、治療期間が長くなるため、周囲の歯の移動や咬み合せの変化に対する配慮が必要となります。
 一旦獲得されたインプラント周囲の骨結合が消失する大きな要因は、過剰な咬む力(特に夜間の歯ぎしり・食いしばり)と細菌感染(周囲粘膜の汚れ)です。症状としては、天然歯の歯周病と同じような、周囲粘膜の発赤・腫脹・出血・排膿として現われます。インプラントは人工物なので、虫歯にはなりませんが歯周病にはなります(インプラント周囲炎)。むしろ、天然歯のような歯根膜という防御機構がないため、インプラント周囲炎は進行が早いわりに自覚症状が少ないことが問題となります。
 当院では、患者様の状態に応じたメンテナンス間隔を設定し、咬む力と細菌感染のコントロールに努めています。世界中で行われている現代型インプラントの第一号症例は、患者様が寿命で亡くなるまで40数年も口腔内で機能したという事実が証明するように、適切なメンテナンスを行えば優れた治療法であることに異論はないと考えられます。

 
『外科的歯内療法における合併症』

 一般的口腔外科手術時の合併症(感染、異常出血、異常疼痛、術後腫脹、神経損傷など)を考慮しなければなりません。特に、下顎小臼歯部の手術ではオトガイ神経損傷に注意します。稀に、X線検査では発見できなかった歯根破折が手術中の拡大視野下で判明した場合、破折の状況によっては抜歯を検討します。また、手術の成否を左右する三大要因(手術野の明示、病変組織の除去、根尖の封鎖)の達成状況がポイントとなります。さらに、合併症の有無とは別に、治療結果を左右する要因の一つとして「繊細な手技」が重要と考えています。
 当院では、術前のCT診断によりオトガイ神経の開口部やその他の解剖学的構造を三次元的にイメージして手術に臨んでいます。また、手術用顕微鏡と軟組織へのダメージの少ない超音波骨切削機器に加えて、マイクロ手術専用の器具と極細の縫合糸を有効に活用しています。


外科的歯内療法(通常の根管治療で対応できない場合の最終手段)

 
『再生治療における合併症』

 一般的口腔外科手術時の合併症(感染、異常出血、異常疼痛、術後腫脹、神経損傷、薬剤アレルギーなど)を考慮しなければなりません。特に、下顎小臼歯部の手術ではオトガイ神経損傷、下顎大臼歯部の手術では舌神経損傷、上顎洞の手術では眼窩下神経損傷と上顎洞粘膜の損傷に注意します。歯周組織再生剤を使用した場合には、極めて稀に過敏症などのアレルギー反応(重篤な副作用は未報告)が生じる可能性があるため、慎重に経過観察を行います。また、手術の成否を左右する三大要因(粘膜切開線の設定、病変組織の除去・廓清、手術野の閉鎖)の達成状況がポイントとなります。さらに、合併症の有無とは別に、治療結果を左右する要因の一つとして「繊細な手技」が重要と考えています。
 当院では、術前のCT診断により神経の開口部や上顎洞、その他の解剖学的構造を三次元的にイメージして手術に臨んでいます。また、手術用顕微鏡と軟組織へのダメージの少ない超音波骨切削機器に加えて、マイクロ手術専用の器具と極細の縫合糸を有効に活用しています。


歯周組織の破壊と歯周治療・再生治療との関係

歯周組織の破壊と歯周治療・再生治療との関係

しまだ歯科医院は、2014年11月26日施行された再生医療等安全性確保等に関する法律第40条第1項の規定に基づき、厚生労働省より再生医療等提供医療機関及び細胞培養加工施設として認可されています。


(1)歯周病により失われた歯の周囲の骨再生

歯周組織骨再生治療

歯周組織骨再生治療

歯周組織骨再生治療

歯周組織骨再生治療

(2)抜歯後に生じた顎骨陥凹部の骨再生

抜歯後に生じる顎骨陥凹部変化と抜歯窩骨再生治療の効果

 

抜歯窩への骨再生症例(抜歯窩保存術の効果)


(3)インプラント手術のための上顎洞(副鼻腔)内への骨誘導

上顎洞への骨誘導症例(インプラント埋入前)

上顎洞への骨誘導症例(インプラント埋入前)

(4)歯肉の再生(移植治療との併用を含む)

抜歯後陥凹部の豊隆改善(歯肉内部移植症例)

動く粘膜から不動歯肉への改善(歯肉外部移植症例)

ミシガン大学再生歯科治療研修参加(2003,  2005,  2015)

 

 
『歯牙移植における合併症』

 神経を保存したまま移植できる場合は、歯根が成長しきっていない低年齢者に限られます。歯根が完成した多くのケースでは、移植後に歯の神経の処置が必要となります。また、歯根膜の損傷が大きい場合や移植後の暫間固定が適切でない場合には、歯と骨が癒着(一体化)するアンキローシスという状態になることがあります。アンキローシスが生じると歯は骨の一部とみなされ、骨の代謝に巻き込まれた歯根は徐々に吸収される経過をたどります。また、手術の成否を左右する三大要因(移植歯の低侵襲抜歯、被移植部位の病変組織の除去・廓清、移植歯の生理的固定)の達成状況がポイントとなります。
 当院では、歯根膜の損傷を極力小さくするために、術前のCT診断により移植歯の状態を三次元的にイメージして手術に臨んでいます。


自家歯歯牙移植症例 No.1

自家歯歯牙移植症例 No.2

 
『顎骨整形外科における合併症』

 一般的口腔外科手術時の合併症(感染、異常出血、異常疼痛、術後腫脹、神経・血管損傷など)を考慮しなければなりません。特に、上顎口蓋骨隆起の整形時には、大口蓋神経・動脈の損傷について、下顎舌側骨隆起の整形時にはオトガイ下動脈、舌神経の損傷に留意します。
 当院では、術前のCT診断により神経の開口部やその他の解剖学的構造を三次元的にイメージして手術に臨んでいます。また、軟組織へのダメージの少ない超音波骨切削機器を有効に活用しています。


骨整形外科(超音波骨切削機器による低侵襲な骨整形)

超音波骨切削機器(ピエゾ)の正しい臨床応用をテーマに研修会 2014 高松市

 
『光殺菌治療における合併症』

 メチレンブルーは青色染色剤であるため一時的に被せ物や歯肉粘膜が青色に着色しますが、数時間後には元の状態に戻ります。また、メチレンブルーは胃・食道内視鏡検査時に粘膜病変部を染色判定する際にも応用される一般的な色素剤ですが、当院では希釈率と誤飲に留意しています。
 リボフラビン色素剤は、もともと食品に含まれている水溶性ビタミンB2を化学的に合成したものです。黄色系色素剤として様々な食品に添加されていますが、歯肉粘膜の着色はリボフラビンと比べてはるかに少ない色素剤です。当院では、内服用ビタミンB2製剤を精製水で希釈して利用しています。


各種レーザー

 
『ホワイトニングの合併症』

 生活歯の漂白では一時的に歯の知覚過敏や歯肉の痛みが生じる場合がありますが、次第に和らいでいきます。ホームホワイトニング(家庭内実施)では漂白剤として過酸化尿素を使用しますので、オフィスホワイトニング(歯科医院内実施)で使用する高濃度の過酸化水素に比べて合併症が起こりにくくなっています。トレー内に注入する量と装着時間を守ることがポイントです。極めて稀な遺伝的疾患である無カタラーゼ症の方にはホワイトニング治療は禁止となります。
 失活歯(活きた神経の無い歯)の漂白では、稀に歯周組織への為害作用により骨吸収や炎症が生じることがあります。緊密な根管内充填と薬剤の設置部位に注意が必要です。


ホワイトニング(生活歯の漂白  &  失活歯の漂白)

 
『歯肉漂白の合併症』

 稀に漂白部位の粘膜に潰瘍ができる場合がありますが、数日で治癒します。また、治療初期に薬剤を塗布した部分の歯肉上皮が白色変化するため審美的に問題となる場合がありますが、数日で白色上皮が剥がれ落ち下層からピンク色の歯肉粘膜が出現して治癒します。フェノール・アルコールにアレルギーのある方は薬剤を使用した歯肉の漂白は禁忌となるため、レーザーを使用した歯肉漂白を選択します。

歯肉のエステ(メラニン色素の漂白)

 
『矯正治療における合併症』

 歯根・骨吸収、歯肉退縮、顎関節症、虫歯、歯肉炎が問題となる場合があります。また、矯正装置に接した頬粘膜や舌に潰瘍が生じたり、矯正力に慣れない段階での歯の痛みが一時的に生じる場合があります。特に、歯根吸収の原因としては、強すぎる矯正力や繰り返しの矯正力、硬い骨への歯根の接触などが推定されていますが、本当の原因は未だに不明なのが現状です。
 当院では、提示症例(Case1 〜 Case4)を含む全ての患者様に対して、歯列不正・不正咬合の原因を探るため矯正治療の開始前に様々な検査を多角的に実施しています。いきなり矯正用のワイヤーを装着したり、抜歯を選択することはありません。原因が分からないまま歯を動かすことには危険を伴うからです。その上で、合併症が起こりにくように慎重に歯の移動を行っています。また、矯正装置が口内に装着されている期間中の清掃状況のチェックを行うとともに、態癖・悪習癖(歯列不正の原因の一つであるとともに矯正力に悪影響を及ぼす力)の改善にも注意を払っています。矯正治療は、患者様と歯科医師の思いが一つになり、協力し合ってこそ成功するものと考えています。


caseNo,1

18歳女性 症例


caseNo,2

18歳女性 症例


caseNo,3

18歳女性 症例


caseNo,4

18歳女性 症例



トップ | 診療案内 | 施設案内 | スタッフ紹介 | アクセス | お問い合わせ

Copyright (C) Shimada Dental Office. All Rights Reserved.